【Kstyle】“入隊中”チョン・イル、優秀社会服務要員として保健福祉部長官賞を受賞

kstyle俳優チョン・イルが優秀社会服務要員(公益勤務要員)として保健福祉部長官賞を受賞した。

現在社会服務要員として服務している俳優チョン・イルの嬉しいニュースが伝えられた。芸能界で活動していた当時も寄付や善行に参加し、ファンを感動させたチョン・イルが、代替服務中も意味ある活動を続け、保健福祉部長官賞を受賞したという。

先日(5日)に開催された「社会服務要員職務教育10周年記念イベント」で、チョン・イルは優秀社会服務要員として保健福祉部長官賞を受賞した。社会服務期間中に任された任務を誠実かつ模範的に行い、自身が務めている老人療養施設に2000万ウォン(約205万円)を寄付するなど、韓国国内外の社会福祉の発展に寄与した功労を認められた。

チョン・イルは、芸能界でも善行を施すスターとして有名だ。デビュー当時から馬山(マサン)保育園や子供財団に寄付を行い、ハッピービーン地域児童センターにも寄付するなど善行を続けてきた。2012年には米ニューヨークの障害者宣教団体「ミルアル」に密かに寄付した事実が知られたこともある。また、セウォル号事件の犠牲者の救助活動のために3000万ウォン(約307万円)を寄付し、温かい心を伝えた。

チョン・イルが保健福祉部長官賞を受賞したのは、今回が初めてではない。2012年に着実な寄付、様々な慈善活動が認められ“幸せを分かち合う人”として選ばれ、表彰されたことがある。芸能界活動が活発だった当時はもちろん、代替服務中である現在も誠実さ、温かさ溢れるニュースを伝えたチョン・イルの善行がファンを喜ばせた。

チョン・イルは、MBC「思いっきりハイキック!」でデビューし、各種ドラマ、映画、演劇などで着実な活動を続けてきた。過去の交通事故による後遺症で代替服務の判定を受け、2016年12月に社会服務要員として入隊した。2017年1月から区立瑞草(ソチョ)老人療養センターで高齢者の食事、教育、医療活動をサポートしている。

 記者 : キム・ガヨン

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2083581